がんばろう東北! 第38回 松島ハーフマラソン
平成26年10月12日 宮城県松島町 ホテル壮観前グランド
ゲストランナー:千葉真子
招待選手:原田詠麻選手、西岡勝義選手、内野雅貴選手
韓国済州観光マラソンフェスティバル招待選手 男子22名、女子5名

特別番組:KHB東日本放送 10月18日(土) 10:25-11:20
「がんばろう東北! 松島ハーフマラソン」

距離 部門&種目区分 スタート 登録者 給水&関門 大会記録
half 男子(19歳以上) 11:10 2836 制限時間 150分
給水 8 関門 2
 1時間04分27秒
女子(19歳以上) 499 1時間15分02秒
10km 男子A(高校生〜39歳) 9:40 1334 制限時間 80分
給水 3
31分05秒
男子B(40歳以上) 1087 32分13秒
女子A(高校生〜39歳) 612 34分29秒
女子B(40歳以上) 302 43分56秒
5km 男子(高校生以上) 11:25 848 制限時間 50分
給水 2
15分18秒
女子(高校生以上) 831 17分19秒
大会データ
定員:ハーフ・10km 各3,000名 5km 2,500名
表彰:表彰状 各種目 1位〜8位
メダル:金メダル各種目1位 銀メダル各種目2位 銅メダル各種目3位
賞杯:各種目1位
副賞:各種目1位〜3位 ぐりりグッズ詰め合わせ(ぬいぐるみなど)
男女ハーフ1位:韓国済州観光マラソンフェスティバル招待
10km男女タイム1位:静岡マラソンファンランの部招待
参加賞:松島マラソン特製Tシャツ

大 会 次 第

 開会式 8:30   司会:KHBアナウンサー
1. 開会宣言 2. 寄付金贈呈 3. 来賓挨拶 4. 招待選手紹介
5. ゲスト紹介 6. 競技上の注意 7. 競技開始宣言 8. 準備運動

 表彰式 11:30 各10kmの部 12:20 各5kmの部 13:30 ハーフの部


ごえもん41参戦記

ハーフ男子の部 2149位 No.853 記録 2時間23分45秒 ネットタイム 2時間20分02秒

  毎年恒例、楽しみにしている松島ハーフマラソンの季節がやってきた。2012年には、念願だった大会100選に選ばれた。
 ここから100選の常連を目指してほしいと思っていたら、翌年度は落選。あらら、残念無念。今年は返り咲けるか!

  去年は、ジャングルマラソンに参加したために、残念ながら不参加だった。今年は早々にエントリーはしていたが、参加を迷ったこともあった。
 なぜなら、済州島で行われるトレイル大会主催者から招待を受けていたのだ。
 この大会は済州島と縁が深いが、同日には済州トレイルフェスティバルが行われる。3日間で100qを走るお祭りだ。
 悲惨な海難事故があったせいもあるのだろう、盛大にやるために海外招待選手を呼びたかったのだと思う。

  速い選手ばかりでなく、むしろ楽しく走ってくれそうな僕にも声がかかった。旅費、エントリー費は、全部主催者持ちは魅力だったが、コースを聞くと
 かなりアップダウンの激しいコースになっているようだ。30km、30km、40kmで制限時間は各8時間という事だった。
 トレイルとロードではあまりにも違うし、招待されて途中棄権にでもなったら、それこそ恥ずかしすぎる。泣く泣く、お断りさせていただいた。

  松島ハーフを頑張るぞ!

  いつもどおり無料駐車場に車を止めて、会場まで歩く。約20分強の道のりだが、なんてことはない。
 ゼッケンも事前送付されるようになったので、行列に並んで受付をしなくてもいいから楽ちんだ。
 まずは、10kmの応援から始める。約1km先の応援ポイントまで歩いて、選手たちが走ってくるのを待つ。
 先頭集団はさすがに速い!あっという間に駆け抜けていった。
 その後からこれでもか、これでもかというほど選手がやってくる。3,000名は参加している。w
 特徴のあるロゴが入っているランナーや仮装を丁寧に応援してみた。みんな、頑張ってほしい!!

  最後尾が通り過ぎていくと、またまた長い時間を潰さなくてはいけない。丁度いいストレッチタイムとしよう。
 充分に体がほぐれた頃に、先頭が戻ってきた。さあ、ここからまた応援開始だ!
 「競っていこう!」「何位だよ、もっと頑張れ!」 思いつくままに必死に言葉を絞り出す。ゴールまであと少し、ちょっとでも力になれればいい。
 長い間応援を楽しみ、最後尾のランナーも近くなってきた。そろそろ僕もスタート地点に移動しなければいけない。歩きながら応援をした。

  スタート地点につくと女装した○○君が!いやいやいや、なかなか似合うじゃないですか!!
 いつもは、鉢巻を巻いてガチ走りしてるのに・・・、心境に変化でもあったのか?仮装を楽しんで走ってほしい。
 おじさんやおじいさんなど年配者の女装は、かなりキモイのが多いので正直言って辞めてほしいが、若い人は雰囲気が違うw

  最後尾に行くと、仮面ジョガーさんの奥さんと娘さんがやってきて、丁寧な挨拶をされた。
 挨拶には人柄が現れるが、素敵な奥さんだなと感心させられた。さすが仮面ジョガーさんだ、素晴らしい家庭を築いている。

  さて時計を見ると、スタート5分前になっている。しかし、待機所にはまだ沢山のランナーが整列したまま。
 これはやばいな、スタート地点に行く前に時間になってしまうと思っていると、パーンと小さく号砲が鳴った。全員並ぶまで待つ気はないのねw
 「走って、走って!」係員さんも慌てているww 最後尾列は、スタート地点までのスタートダッシュで始まった。
 タイムを狙っているわけでもないし、こんな展開も面白い。さあ頑張ろう!
 スタート地点を過ぎようとした頃に、ゲストの千葉ちゃんから驚愕の事実を明かされる。「牛さんは、一度も完走したことがないそうです。」(;´Д`)エエエ

  まさか一度も完走できていなかったとはw 確かにのんびりバスの旅が多かったような気が・・・
 これは、しっかり走らねば!ロスタイムは約3分、全く問題はない。言い訳のしようもない。
 よし!キロ6分半位のペースで前半を走ることにした。

  順調にペースを保ち、何の問題もなくハーフの折返しまで来た。週3回のトレーニングは、いい具合に出ているようだ。後半も頑張っていこう!
 しかし、16kmを過ぎると、気持ちとは裏腹にスピードが落ちてきたようだ。どんどん抜かされていく。あらら・・・。
 7分30秒位まで落ちたこともあったが、なんとか粘れているようだ。まだ関門時間には間に合う。

  最後の丘を越えて、応援の多い区間を走る。大声援を貰って、元気100倍! ここからスピードを上げてかっこよくゴールを目指す。
 よっしゃ!なんとか制限時間内にゴールできた。よしよし!

  後の楽しみは、カキ汁だ! 疲れた体が、カキの栄養分と汁の塩分を吸収していく。体の内からポカポカしてきた。
 さあ眠くならないうちに家に帰ろう。マラソン大会の興奮も覚めてくれば、徹夜明けの眠気も起きてくるかもしれない。

  (後記)ランネットのレポを見ると、かなり手厳しい評価が多い。僕が一番感じることは、盛り上がりに欠けるという事。
 まず他の大会にあるようなスタート前の緊張や盛り上がりが薄い。全体が揃わないうちにスタートするくらいだから、一体感が出ない。
 もっとマイクパフォーマンスや音楽などで盛り上げてもいいと思う。会場周辺の住民の皆さんにご迷惑をかけてしまうかもしれないが・・・。

 次に沿道の応援の少なさを補う工夫をしてもいいと思う。看板やのぼり、風船などを利用する大会もある。
 他県から参加してくれるランナーは、やはり地元の方の熱気やおもてなしに感動すると思うが、こればっかりはいかんともしがたいから。

 会場の変更の余地もある。別にあのグラウンドにこだわらなくてもいいのではないかと。近くに磯島という広大な土地がある。
 あそこをメイン会場にしてもいいかもしれない。そしてスタート地点にバルーンの大きなゲートを設けたら、見栄えも違ってくると思うな。

 と勝手なことを言ってみた。
大会動画 2km,4km,6km,9km付近で撮影した動画と3枚の写真で作ってみました。再生時間1分08秒
大会写真集 ポイントを合わせるとコメントが表示されます。
前半は、6分30秒位のまったりペースで楽しむ。まったりは、見栄を張りすぎかw お世話になっている選手収容バスが待機中。今年は乗らずに済みそうだ。 残り3km地点では、もうヘロヘロ状態w 何故だ!!
キロ6分30秒位のまったりペース?見栄張るw 折返しには、収容バスが待機。乗らないぞ! ここまででヘロヘロにw 何故だ!!!
松島ハーフマラソン カエルさんともーもーちゃん(牛仮装)記念撮影。 美女!?と牛(家畜)記念撮影。いつもは、ガチで走っている○○君が女装をしていた。なかなか似合うね。
カエルさんと一緒に記念撮影。 ○○君は、女装に目覚める。w
約3km付近の様子。こんなに参加しているのかと、びっくりするくらいの人波が・・・ 9km付近 折り返してきたランナーたちに声援を贈りあう。楽しいひと時だ。
約3km付近、まだまだ大集団で走ります。 約9km付近、集団から離され始める。
松島ハーフマラソンで、唯一海を眺めることのできる区間。 貞山堀を横目に見ながら、牛の激走は続く。
松島の海を見ることのできるわずかな区間。 貞山運河を横目にひた走る。日差しも強く、辛い辛い。
お神輿 ワッショイ!ワッショイ!! 人数が少ないので、少し景気が悪い。日本の経済みたいだなw 松島ハーフマラソン名物 カキ汁!! これですよ、これ!!
お神輿で応援ありがとう!もう少し景気がいいと最高。 今年も出ましたカキ汁。疲れた体に染み渡る味です。ありがとう!!
松島ハーフマラソン完走証 我ながら恐ろしい。2時間を抜かせば、2345で順、ネットは2002
我ながら恐ろしい。2時間を抜かせば、2345で順、ネットは2002と回文にw
松島ハーフマラソン公式サイトよりダウンロードしたスタート直後の写真。
子供の頃からの癖で、ついピースサインをしちゃう 暑くて、珍しく腕まくりをしてしまった。 背中には日章旗を背負って走ってみました。
日章旗にメッセージでも書いておけばよかったかな。 松島は、アップダウンが細かく繰り返されるコースです。
小牛郎に日章旗を括り付けてみた。かなり変てこな感じになってしまったな。
HOMEへ戻る 大会一覧へ戻る 前回の参戦記を見る 次回の参戦記を見る
inserted by FC2 system