第23回 わたり復興マラソン
平成26年11月9日(日) 宮城県亘理町 佐藤製線所野球グランド

距離 部門&種目区分 スタート 登録者 給水&関門
10km 男子A(高校生以上30歳未満) 男子
11:50

女子
11:53
86 給水 2ヶ所
男子B(30歳以上40歳未満) 124
男子C(40歳以上50歳未満) 163
男子D(50歳以上60歳未満) 156
男子E(60歳以上) 116
女子A(高校生以上40歳未満) 67
女子B(40歳以上) 76
5km 男子A(高校生以上30歳未満) 10:30 58
男子B(30歳以上) 205
女子A(高校生以上30歳未満) 41
女子B(30歳以上) 121
3km 中学生男子 11:20 75
中学生女子 27
2km 小学生男子(小学4年生〜6年生) 11:55 89
小学生女子(小学4年生〜6年生) 52
1.5km 親子ペア(小学1年生〜3年生) 10:35 122組
大会データ

参加料 小中学生 1,000円 高校生 2,000円 一般・親子ペア 2,500円
表彰 1-3位:メダル 1-6位:賞状
参加賞 Tシャツ、スポーツドリンク、はらこ飯・とん汁セット
手荷物・貴重品預かり所 なし
障害者対応 車椅子、伴走必要 参加不可
大 会 次 第

   開会式 9:50
   1. 選手整列 2. 開会宣言 実行委員長 3. 開会の挨拶 大会会長 4. 励ましの言葉
   5. 来賓紹介 6. 競技上の注意 審判長 7. 選手宣誓

   閉会式 13:00
   1. 入賞者整列 2. 成績発表 3. 表彰 4. 閉会の挨拶 5. 閉会宣言


ごえもん41参戦記

10km男子C (40歳〜50歳未満) No.363 記録 1時間02分06秒


  年々参加者が増加し、10kmの部は男女時間差スタートが採用された。
 仮装も増えており、妖怪ウォッチの仮装グループや僕(牛)などの既製品でお手軽に仮装を楽しむ者だけではなく、
 趣向を凝らした自作仮装で参加し、大会に素晴らしい華を添えた甲冑姿の伊達成実公やブシニャンもいた。
 甲冑の方は毎年同じだが、今回初参加となった奥州市の千田さんはブシニャンを製作してきた。

  千田さんいわく、キャラクターの製作が一番楽しくて、マラソン大会はお披露目の場所だそうだ。
 とても有名な方で、雑誌やTVなどでも度々紹介されている。
 これだけ精巧に自作できるのなら、ふなっしーのような自分のキャラを作ってみたらどうでしょうと聞いてみた。
 「作るのが趣味なので、人に覚えてもらえるまで走り続けられない。次々と作ってしまうから」と答えが返ってきた。

  なるほど・・・と納得してみたが、ふなっしーが年収7億と聞いた僕は、マイキャラを作って一発当ててみたい誘惑に駆られる。
 いいキャラクターはないものか??

  僕の頭の中のように、今にも雨が降り出しそうな灰色の空模様だったが、日頃の行いがいいランナーが多かったのか、大会終了まで雨は降らなかった。
 僕の頭の中はいつも具合がよろしくないらしいが、足の方も10月19日に痛めてしまい、一か月たったいまも思わしくない。
 歩いたりはできるが、地面に片膝を着けたりすると激痛が走る有り様だ。練習もできていないし、10km完走できればよしとしよう。

  対して仮装の方は、いつも絶好調!
 福男選びで有名な兵庫県西宮神社の幸運の黄色い手袋をはめ、背中には小牛郎を背負って準備万端相整った。今回は、俵は背負わなかった。

  10km男子のスタートは、11:50とかなり遅い。ちょっと待ちくたびれてしまうような感じもするが、近くにある用水路で釣りをして、暇潰しも面白そうだ。
 鮒でも釣れるのだろうか、釣り人の姿を確認することができた。マラソン中なので、釣果を確認できなかったのは残念だった。

  スタートして5分もすると、左に女性ランナーが走っていた。「もう追いついてきたの?」と声をかけたら、「足が痛いので、男子と一緒にスタートした。」
 との事だった。まあしょうがないだろう。 俺のようにビリ独走し慣れていなければ、最後方を走るかもしれないと想像しただけで怖いかもしれない。

  スタートして一番痛切に感じたのは、空模様や風景の寒々しさだった。写真を見てもわかる通り、気持ちまで凍り付きそうな感じがした。
 救いは、沿道の皆さんの応援だろう。少ないながらも、一生懸命に応援していただいた。子供たちの元気な声には、パワーを貰った。

  足の具合を見ながらキロ6分半位のペースで5kmを通過、右膝の状態はいいようだ。まだ痛みはない。ここからスピードを上げてみることにする。
 キロ5分半位まで上げてみた。まだ足に痛みは走らない。なんとか大丈夫のようだ。一生懸命息を弾ませながら、ゴールを目指す。
 牛頭は萎びてしまったが、気持ちは少しも萎びてない。ゴールをすると、笑福楽走会の中嶋会長と気仙沼でご一緒した方が出迎えてくれた。
 少し話をしたところで、ちょっと立ちくらみを起こしてしまった。気持ちが張っている時はなんでもなかったが、ゴールしてゆるんだのかもしれない。

  会長たちと別れて、はらこ飯・豚汁セットを貰いに行き、帰宅することにした。足の痛みがないことだけが救いだった。
 次は、カッパハーフマラソン。予定なら激走するはずだったが、もう無理だ。いわきサンシャインマラソンを頑張ることにしよう。

 
大会写真集 ポイントを合わせるとコメントが表示されます。
中央:ブシニャンは、奥州市の千田さん 右:亘理城主 伊達成実公 牛仮装VS甲冑姿の伊達成実公 他の大会では、ベストパフォーマンス賞の常連だそうです。凄い!
中央:ブシニャンは、奥州市の千田さん 右:亘理城主 伊達成実公 他の大会では、ベストパフォーマンス賞の常連だそうです。凄い!
ブシニャンと牛仮装 楽しく走っています。 ブシニャン(妖怪ウォッチ)のテーマソングなし?ちょっと残念。 わたり復興マラソン完走証 フラットで記録の出やすいコースなんですが・・・ 牛頭に針を刺す悪戯をする奴がいるようだ。
ブシニャンも楽しく走っています。音楽なしでした。 フラットで記録の出やすいコースなんですが・・・ 牛頭に針を刺す悪戯をする奴がいるようだ。
なんとか天気は持ってくれました。ゴール後に雨が降り出す。 寒々とした風景の中で、町民の方の温かい応援がうれしいですね。
なんとか天気は持ってくれました。ゴール後に雨が降り出す。 寒々とした風景の中で、町民の方の温かい応援がうれしいですね。
仮設住宅の前を通ると、子供たちが大はしゃぎで飛び出してきた。 わたり復興マラソン名物のはらこ飯・豚汁セット。ウマー!!!
仮設住宅の前を通ると、子供たちが大はしゃぎで飛び出してきた。 わたり復興マラソン名物のはらこ飯・豚汁セット。ウマー!!!
HOMEへ戻る 大会一覧へ戻る 前回の参戦記を見る 次回の参戦記を見る
inserted by FC2 system