第7回 果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン

2008.6.8 天候:晴れ 気温:26℃ 湿度:54%
No.12224  タイム 1:37:42
10km男子一般の部(高校生〜39歳) 519/519位 総合順位 1508/1509位

体重 103.2kg 体脂肪 44.6kg

  ついにこの日が来てしまったというべきなのか!?
 勢いだけで参加申し込みをしてしまった大会でした。(*´ω`*)

  スポーツクラブのツアー企画として掲示されており、月刊誌ランナーズを見たら、
 読者投票の大会100選にも選ばれているらしい。サクランボ畑を駆け抜けるコースという売りに、
 とても涼しげで、まったりとした魅力を感じました。

  最初は、スポーツクラブのツアー企画に申し込もうと思ったが、出発時間が早すぎるwので断念。
 大会後の疲労も考えて電車で行こうかとも思ったが、結局は店の車で行きました。
  快調に48号を西進し、スタート15分前に到着。
 残念ながらゲスト千葉真子さんによる準備運動は終わっていた。

  一人でしっかりとストレッチをしつつ、開始を待つ。
 仮装のランナーもちらほら、最後尾は和気藹藹とした雰囲気でとてもよかった。

  ゲスト瀬古利彦さんの号砲でスタート、スタートゲートまでは300m以上はありそうだ。
 前も詰まっているので、ゆっくり歩いてのスタート。なぜか余計緊張が高まったw

  スタートゲートを出ると、瀬古さんが選手を見送っていた。沿道応援の数もすごい。
 不安は消え去り、やる気がみなぎってきた(`・ω・´)
ひがしねさくらんぼマラソンのスタート前風景です。僕は、最後尾からスタートし、最後尾でゴールw 遅いランナーの見本ですw ひがしねさくらんぼマラソン競技風景その1 ここまでは割と快調に走れたのですが・・って、スタート直後だから、当たり前か!?w ここからが本番なのにw
最後尾から写したスタート風景です。
10kmの参加者は、1509名でした。
自衛隊駐屯地を抜けて、いよいよロードに入る。
ここでも沢山の応援が!気合が入りますね( *´艸`)

  ついに自衛隊駐屯地を抜けて、ロードに出る。
 スピードも抑えているし、ここまでは快調に脚が出ていましたw

 が!? 突然足が重くなる、「ヤベー」と思いつつ、歩きも入る。

  距離表示が出てきた。残りは!?【2km】工エエェェ(´д`)ェェエエ工
 たった2kmで脚にきてる!?日頃の運動不足がここまで酷いとは、夢にも思いませんでした。

  この状態からあと8kmは無理かも・・・ リタイアの文字が頭をよぎり始めた。

ひがしねさくらんぼマラソン10kmの部の折返し。素晴らしい2重顎ですねw。この肉を落とさない限り、走るのは無謀か!?。(;一_一) ひがしねさくらんぼマラソン競技風景 その2 ハーフの選手に抜かれる場面です。おいおい抜かれんなよ、俺!!
意識も薄れかけた折返し地点。
虚ろな目は、スタート時と一緒(;´д`)w
ハーフの選手に抜かれた瞬間
邪魔にならないように歩道を走る
  しかし、河童という救いの神がいた。
 炎天下の中、フラフラになりながらも必死に頑張っているその姿・・・
 気持ちでは、絶対に負けるわけにはいかない(`・ω・´)

 サポートランナーもついて応援してくれる。
  最後尾は、大太りの僕と着太り!?の河童、小太りのおじさんの息も絶え絶えトリオ、
 そしてサポートランナー、選手収容車の集団を形成した。

 選手収容車は途中で消えたが、4人で足取りの重い道のりが続く・・・。
ひがしねさくらんぼマラソン競技風景 その3 炎天下にフラフラの河童さん。この時の暑さは、半端じゃないです。僕でさえ滝のような汗だったので・・・(@_@;) ひがしねさくらんぼマラソン 仮装ランナー 滅茶苦茶熱のこもりそうな素材(ウレタン?)を使用してました。この暑さの中、よく着て走れましたね。感心しました。 ひがしねさくらんぼマラソンのサポートランナー 最後尾の僕の後ろにもサポートランナーがついて、アドバイスを送ってくれました。心強いですよね。
炎天下にフラフラの河童さん。沿道から盛んな声援が飛ぶ!
僕らの後ろに迫る選手収容車と河童を気遣うサポートランナー
徳利のコスプレランナー1-5号まで堅実な走りをしていました
(右)ランナーたちを見守るサポートランナー

  やっと見えてきたフィニッシュライン。不思議と感動もなく通過した。
 まず真っ先に向かったのは、給水所でした。5杯以上飲み、やっとのどの渇きも癒えて、
 周囲を見回す余裕も出てきた。

  こんなに沢山参加していたの!?びっくりする程の人だかりで、この大会の人気の凄さが伺えました。
 そして参加賞と完走証をもらいに、受付に向かった。

  参加賞は、かっこいいTシャツとサクランボ、おにぎり。
 サクランボはとても甘く、おにぎりも美味しくて大満足。
 中でも一番うれしかったのが、下の写真の完走証。 見ていてとても楽しくなる。成績は悪かったけど、
 最高にいい思い出になった。

  また大会に出てみたいと思いました。 明日から練習を始めよう!

  成績 1:37:42 519人中519位 総合1509人中1508位

  参加記念に詠める。
 さくらんぼを使ったあいうえお短歌(57577の文頭のカナを縦に読むと、さくらんぼになっています。)

 参加時は
 苦しさのみの
 ランニング
 んーなぜだろ?
 僕はハマった

                                             (了)
ひがしねさくらんぼマラソンのフィニッシュ 初めてくぐるフィニッシュラインです。感慨深いものがありましたね。やっと着いた(@_@;)って感じですか。あとでジンジンと感動がわきあがってきました。フィニッシュラインは、このようにしっかり遠くからでもわかるものがいいと思いましたね。 ひがしねさくらんぼマラソンの会場風景。まさにお祭りです。これほど人が集まるイベントも珍しいかも。
やっと見えてきたフィニッシュライン 大盛況の大会会場
完走証 こんな素敵なデザインのものが貰えるとは、思っていませんでした(*´ω`*)
次の大会記録を見てみる つちのこランニングクラブTOPへ戻る ホームへ戻る
inserted by FC2 system inserted by FC2 system jpg" width="320" height="240" border="0" alt="ひがしねさくらんぼマラソン競技風景 その2 ハーフの選手に抜かれる場面です。おいおい抜かれんなよ、俺!!" title="ひがしねさくらんぼマラソン競技風景 その2 ハーフの選手に抜かれる場面です。おいおい抜かれんなよ、俺!!"> 意識も薄れかけた折返し地点。
虚ろな目は、スタート時と一緒(;´д`)w
ハーフの選手に抜かれた瞬間
邪魔にならないように歩道を走る
  しかし、河童という救いの神がいた。
 炎天下の中、フラフラになりながらも必死に頑張っているその姿・・・
 気持ちでは、絶対に負けるわけにはいかない(`・ω・´)

 サポートランナーもついて応援してくれる。
  最後尾は、大太りの僕と着太り!?の河童、小太りのおじさんの息も絶え絶えトリオ、
 そしてサポートランナー、選手収容車の集団を形成した。