第8回 果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン

2009年6月7日(日) 天候:曇り 気温:24℃ 湿度:68%
10km男子一般の部(高校生〜39歳) 23735
記録 01:09:57  部別順位 697/756 総合 1852/2095
体  重 93.9kg  前走 94.4kg −0.5kg
体脂肪 33.5kg  前走 35.8kg −2.3kg 


  思えば去年、この大会に参加していなければ、ランニングにこれほどの興味を持たなかったかもしれません。
 サクランボ畑を走るという魅力的なキャッチフレーズに魅かれて、トレーニングもほとんどしないままでの参加でした。
 100kgを超す体重での挑戦は、わずか2km走ったところで歩きが入るほどの無残なものでした。

  しかし、沿道の温かい応援やエイドの人たちの優しさに励まされながら、なんとか10kmを完走(完歩!?)しました。
 男子一般の部の最下位でしたが、いまでもとても楽しい思い出です。

  そして一年、またさくらんぼマラソンに帰ってきました。

ひがしねさくらんぼマラソン スタート前記念撮影 1年間の成長を見せる時、きたる! ひがしねさくらんぼマラソン 10kmの部スタート前風景 参加者は、去年よりも激増してる感じですね。スタートしてもまるで進まない。最後尾のスタートは、15分以上かかっていたと思いますね。
10kmスタート風景 スタートを待つ人・人・人

  一年前の参加者も凄かったけど、今回は なんでこんなに!?というほどの人でした。
 マラソン人気もさることながら、この大会の人気の凄さに圧倒されました。
 会場には、応援を含めて2万人か、それ以上いたかもしれません。とにかく人・人・人・・・。

  この大会の特に素晴らしいと思うところは、ゼッケンなどを事前送付することによって、当日受付しなくてもいいこと。
 この方式は、これからも続けてほしいし、他の大会でも絶対真似てほしいと思います。

  10kmには、ゲストランナーの千葉真子さんも参加して華を添えてくれました。
 スターターは、瀬古利彦さん。ちょっとお下劣なトークで、会場引き気味w
 堅いイメージとは違って、気さくな感じでいいかも( ^ω^)フフフ

 そしていよいよスタートです(`・ω・´)
 
ひがしねさくらんぼマラソン 10kmの部折返し地点 余力十分で折返しに来れました。さあここからが本当の勝負だ! ひがしねさくらんぼマラソン 10kmの部仮装ランナー この大会は、仮装して走る人も多いですね。やはりお祭りなんだから、楽しくいきましょう!
10km折返し地点 水戸黄門もさくらんぼ畑を走る、走る

  一年前の体重103.2kg、体脂肪44.6kgから比べると、体重-9.3kg、体脂肪-8.8kgと効果的な減量に成功しました。
 今回の大会は、1年間の成果を試す意味でも、とても楽しみにしていました。
  前回は最後尾からのスタートにしましたが、今回は1時間を切りたいと思っていたこともあって、中段やや後方の
 55分くらいで走破できそうな人達をペースメーカーにしたいと思っていました。
 結果は、約1時間10分と期待を大きく裏切るものでした。思ったよりも減量の効果は出なかったようです。

  5kmまでは良かったのですが、右膝の痛みがまた出ました。この対策を考えないといけませんね。
 走り込みも足りないと思いますが、シューズやその他の要因なのかもしれません。

ひがしねさくらんぼマラソン フィニッシュ ゴール前には、首を長くして、心配そうに帰りを待つ人達もいました。やはり1時間を超えるランナーを待つのは、いろんな意味で心配ですよね。w ひがしねさくらんぼマラソン 参加賞のさくらんぼ 今年のさくらんぼも甘くておいしかったですよ。
ゴール前でも沢山の応援 参加賞のさくらんぼ
  今回の参加賞は、やや期待外れでした。前回の参加賞のTシャツは、とてもデザインもよくて、普段のトレーニング
 などにもよく使っていましたが、今回のものはあまりにも無残なデザイン、生地でした。
 こんな参加賞なら、ないほうがいいかもしれませんねw

  エイドに関しても、前回より少なくなっていたと思います。ジュースや軽食はなくてもいいけど、エイドの数を増やして
 ほしいと思いました。前回の運営担当者と今回では、かなり差があるような気がしますね。
 東北最大のマラソン大会を目指すのなら、もう少しランナー重視の担当にしたほうがいいかもね。

  また来年も参加したいと思います。50分を切れるようなランナーになって、帰ってきたいと思います。(*´ω`*)     (了)

1年でかなりの上達ぶり、ここまで走れるようになりました。かなり上達のペースも遅いが、まあよしでしょう。
前の大会記録を見てみる 次の大会記録を見てみる つちのこランニングクラブTOPへ戻る ホームへ戻る
2012.1.12 Check
inserted by FC2 system