がんばろう東北 第12回 南陽さわやかマラソン
山形県南陽市オフィシャルサイト
スペシャルゲスト エリック・ワイナイナ選手

大会データ
開催:2011年10月10日(日)気温 10.6℃ 風速 西北西0.6m/s
    午前9時 計測地 山形県高畠
登録:1977名
会場:南陽市民体育館
主催:南陽市
コース:市民体育館前発着折返しコース
特徴:平坦
記録:自動計測 記録証即日発行 記録集100円
参加料:一般2,000円 高校生1,000円 小中学生500円
      ウォーキング500円 ファミリー1500円
参加賞:スポーツタオル・豚汁
表彰:各部1-6位 小学生の部は、1-10位まで
無料駐車場:有 無料送迎なし
協賛:26社・団体

大 会 次 第
  開会式 南陽市民体育館メインアリーナ
 1. 一同集合 8:30
 2. 開会宣言 大会副会長
 3. あいさつ 大会会長
 4. 招待選手紹介 エリック・ワイナイナ
 5. 競技上の注意 審判長
 6. 選手宣誓
 7. 競技開始宣言 大会副委員長

  競技開始 15分前までスタート地点集合
  表彰式は、部門毎競技終了後に芝生広場にて行います。

  閉会式 芝生広場(雨天時はメインアリーナ)
 1. 一同集合 12:10予定
 2. 表彰 ファミリーの部
 3. 講評 審判長
 4. 閉会宣言 大会副会長

  お楽しみ抽選会 12:30予定

距離 部門&種目区分 スタート 登録者 給水&関門 大会記録
1.5km 小学男子の部 10:25 274 給水なし 4分47秒
小学女子の部 214 5分13秒
ファミリーの部 10:35 139組 5分13秒
3km 中学男子の部 男子9:35
女子9:40
300 9分28秒
中学女子の部 279 10分08秒
一般女子の部 18 10分52秒
一般男子の部 25 記載なし
5km 35歳以下男子の部 9:55 63 15分36秒
36-49歳以下男子の部 39 16分08秒
50歳以上男子の部 35 17分24秒
高校・一般女子の部 38 17分06秒
ウォーキングの部 9:31 127 *********
10km 高校・一般男子の部 9:30 248 給水1ヵ所 30分38秒
高校・一般女子の部 39 35分14秒
中学対抗駅伝 3中学校各2チーム 計6チームで争う 男子3km3名 女子2km3名 計6区間15km

ごえもん41参戦記
ワイナイナさんとハイタッチの巻
No.3016 10km高校・一般男子 記録 1時間14分30秒
215/216位
 大会主催地の山形県南陽市は、陸上競技に力を入れているようです。
市職員に箱根駅伝などで活躍した選手を採用し、東日本実業団駅伝にもエントリーしています。
(注)東日本実業団駅伝では、惜しくも元旦に行われる全日本実業団駅伝への切符を逃しました。
   しかし、本当にあと少しでした。これからも頑張ってほしいと思います。


 今回は、ワイナイナ選手をゲストに迎え、しかも実際に10kmを走ってもらっています。
一流選手の走りを見れるというのは、子供たちにとっても、選手たちにとっても、かなり素晴らしい
刺激になると思います。ゲスト料がかなり高額だったので、とてもびっくりしましたが、これからも
ワイナイナさんのような一流選手をゲストとして迎えてほしいと思いました。
もしかして大会だけでなくて、その後で実業団選手や有力選手たちにコーチをしてくれるのかも。
(スポンサーの一人が言っていたので間違いはないと思いますが、普通車の新車が買える金額w)
 バリバリ現役の実業団アフリカ人ランナーでも面白いでしょうね。
是非本気の走りを見てみたい、感じてみたいと思いますね。

 さて、この大会は、前から知ってはいました。KHB松島ハーフマラソンの次の日という日程から、
いままでエントリーしませんでした。今年は、出れる大会は貪欲出てみようという気持ちと、
ワイナイナさんがゲストだったので、是非生で走りを見てみたいなと思ったのがきっかけになりました。

 この大会も仮装で楽しく!元気よく!と勇んで会場入りしましたが、仮装ランナーは僕一人w
ちょっとばかし、視線と聞こえてくる言葉が痛い (@。@;)
競技色の強い大会は、どうしてもおふざけランナーを嫌うようです。 すみません。

 しかし、僕はそんな事ではめげない。(いいのか!?www)
10kmのスタートを待っていると、「松島にも出場していませんでしたか?」と声をかけられました。
その方も、前日の松島マラソンであった人同様、東北各地のマラソン大会に出来る限り参加する事で
大会を盛り上げたり、お土産や宿代などでお金を落とし、被災地を応援したいといっていました。
 そんな話をしていると、別の方も私も東京から来てるんですよとか、同じ思いで参加されている方が
多いのに、とてもびっくりさせられました。
 そんなふれあいの中で、僕もお返しというか、東北開催以外の大会にも出場したい、
元気を見せたいという気持ちが強くなってきました。もっと全国のランナーと交流できたら、楽しいなと。
よし!頑張ろう!、この大会が、交流ランのスタートだ!そんな気持ちでした。
 
 いつも以上に元気に手を振りながら、スタートしていくと沢山の応援が貰えて、ウハウハww
その元気もわずか1kmもいかないうちに消失してしまうのが、最近のごえもん41クオリティwww情けない
あっという間に前は見えなくなり、視界に入る選手はほとんどいないww
これでは練習と変わらないw ゼッケンを着けてる事と走る場所が違うだけじゃないか!!
 あまりの遅さに、本当に牛が逃げたと間違われたかもしれないなwww
違うな、実際の牛は走るととても速いのだ!「牛は、走るととても速い」と牧場の少年が言ってた。
「牛は、こんな走りじゃない!」 僕の走りが、牛の名誉を毀損していたようだ^^; すまん。頑張るよ。

 先頭が折り返してきた、ワイナイナ選手はどこかいなと探していると、前方からハイタッチをしながら、
近づいてきた。やたらでかく見えるw 挨拶の時とは、別人のような大きさだ。
これが、アフリカンクオリティなのだろう。脚は、どこまでも長く見えるし、力が入ってないようにさえ見える。
うほっ いよいよワイナイナさんとハイタッチだ! パチンとはいかないが、元気が貰えた。
やはり来てよかった、写真は撮れなかったが、なんていい人なんだろう。走りに人柄が表れてる。
そんな気がした。

 折り返してきた一般ランナーを応援しながら走っていると、折返し地点が見えてきた。
あらま!? 僕の前500m以内を走っているランナーは、たった2名。www もちろん後ろは絶無w

 ここでも規制解除ランナーなのか!? その内に、大会事務局から規制解除のタスキを渡されそうだ^^
こんな遅いランナーにも、待っていて応援してくれる人たちがいる!!本当に嬉しい!
「頑張れよ!」「そのペース、そのペース」の一言一言が心にしみる。
「ありがとうございます。また来年遊びに来ます!」元気な声で応えながら走っていると、
前方にかわいい集団が見えてきた^^
 親子の部のランナーだ。みんな一生懸命走ってる。「ほら、牛に負けるな!」「もうちょっとでゴールだよ」
なんて応援していると、後ろから「牛さんに負けるな」とたどたどしい日本語がw
 おお!いつの間にか、後ろをワイナイナさんが走ってる。
二人で笑顔をかわしながら、子供たちを応援しました。子供たちも牛さんに負けないように頑張りました!
ひとしきり楽しい時間を過ごして、豚汁を頂いて帰りました。
 3日間連続の大会参加は初めてで、どうなる事かと思いましたが、楽しく走りきれました。

 マラソンイベントは、町おこしになるばかりでなく、みんなの健康を維持したり、一緒に楽しむ事で
絆が深まったりといいことづくしです。こんないい思い出作りも出来る大会が増えるといいなと思います。
                                                       (了)

大会写真集 ポイントを合わせるとコメントが表示されます。
南陽さわやかマラソン10kmの部のスタート 中央の黒人選手が、ワイナイナさんです。とても気さくな人柄で、いい人でした。 南陽さわやかマラソン10kmの部の最後尾からのスタート風景 東北の震災復興を願って、関西から参加の選手もいました。
南陽市市民体育館 総合運動公園のような感じですね。とても使い勝手のよさそうな場所でした。 開会式風景 小中学生で満員御礼です。この後、ゲストランナーエリック・ワイナイナ選手が登場します。
僕はギリギリに到着したので、受付は閑散としていましたが、小中学生で会場内は立錐の余地もないほどです。 表彰台に乗ってみたいものだw
競技風景です。 あまりアップダウンはないので、走りやすいコースだと思います。道幅が少し狭いのは、しょうがないか。 こちらもコース風景です。見てわかるとおり、変化に乏しいので、走りに集中できるかもしれませんね。
南陽さわやかマラソンで振舞われた豚汁です。どこで食べても美味い。こちらは、豆腐が多いのが特徴ですね 上山の道の駅?で売っていたカキ氷?です。台湾の人気デザートらしい、マンゴを使っているようです。
10kmの部の折返し地点で牛仮装ラン記念撮影。前を走るランナーが2名いるだけ、最後尾独走を楽しんでいます!? 運営迷惑な!?www やっと残り3km、前方の自転車は、僕を心配して迎えに来た人かな?そんな訳ないか?w
初めて参加しましたが、タイムの語呂が証明してくれています。
1時間14分30秒 いいよの三重走
前の大会参戦記を見てみる 次の大会参戦記を見てみる つちのこランニングクラブTOPへ戻る HOMEへ戻る
2012.1.31 Check
inserted by FC2 system