がんばろう東北! 松島マラソン
平成24年10月7日開催 気温 21.0℃ AM11:00 (東松島)

特番放映 10月13日(土) AM10:40 松島ハーフマラソン 〜輝く明日を走る〜

大会HP KHB東日本放送
招待選手:千葉真子 世界選手権銅メダリスト
日本ケミコン所属 原田詠麻 河合さおり
駿府マラソン招待選手 男女各1名
韓国済州観光マラソンフェスティバル招待選手 男子8名 女子3名

大会データ
主催:宮城陸上協議会・KHB東日本放送
特別協賛:やまや CreCla PROUD
表彰:賞状1-8位 メダル1-3位 賞杯1位
副賞:1-3位ぐりりグッズ
 half男女1名:韓国済州マラソンフェスティバル派遣
 10km男女1名:静岡駿府マラソン派遣
参加賞:松島マラソン特製Tシャツ、牡蠣汁
大 会 次 第
開会式 8:45  司会 KHBアナウンサー
1. 開会宣言 KHBアナウンサー  2. 主催者挨拶 大会名誉会長 大会会長
3. 来賓挨拶 松島町長 東松島市長  4. 寄付金贈呈
5. 招待選手紹介  6. 特別招待選手紹介  7. 審判長競技注意
8. 競技開始宣言  9. 準備運動 ジンギスカンダンス

表彰式  司会 KHBアナウンサー
11:15  5kmの部、3km中学生の部
12:20  10kmの部
13:10  Halfの部
距離 部門&種目区分 スタート 登録者 給水&関門 大会記録
Half 男子(19歳以上) 10:50 2780 制限時間150分
給水:8 関門:2
1:09:47
女子(19歳以上) 459 1:29:31
10km 男子A(高校生〜39歳) 11:00 1345 制限時間80分
給水3箇所
トイレ2箇所
31:05
男子B(40歳以上) 1012 31:20
女子A(高校生〜39歳) 619 34:29
女子B(40歳以上) 248
5km 男子(高校生以上) 9:50 1124 制限時間50分
給水・トイレ1箇所
15:18
女子(高校生以上) 1029 17:19
3km 中学生男子 10:00 78 制限時間30分 9:13
中学生女子 23 10:29

ごえもん41参戦記

Half男子の部
No.388 記録 2:40:00 制限時間オーバーにより記録記載なし

 今年も松島マラソンの季節がやってきた!待ってました!
会場到着は、7時。もう無料駐車場は、ほぼ埋まっていた。
さっさと受付を済ませて、今年は開会式からの参加です。
ノリノリでジンギスカンダンスを踊って、準備体操終了。スタートまで約2時間あります。

 しかーし! 俺には、ここからお楽しみがある。それは・・・・

応援だ!! 5kmの部や3km中学生の参加者を応援するんだー!
応援の陣取りは、テレビカメラの撮影の邪魔にならない場所(映らない場所)、
スタート地点から約1km位離れた、応援が少なくなった場所と決めている。
テレビカメラに映るためにやってると思われては、とてもつまらない。

 さあ、今年も元気よく応援しよう!!
必勝扇子を片手に、元気に声を張り上げる。
焦ってペースが上がっている人を見れば、「まだまだ先は長いよ。マイペースでいきましょう!」
落ち着いてマイペースで走れている人を見れば、「いい調子!ナイスペース」
その場、その場で思いついた言葉で、精一杯応援です。

 「あら、牛さーん」なんて感じで、千葉真子さんが近づいてきました。パチーンとハイタッチ!
その模様がTV「松島ハーフマラソン 〜輝く明日を走る〜」で放映されました。
結構良く撮れていたので、いい記念になりました。やっぱりTVに出ると嬉しいですね。

 スタート30分前、応援を切り上げてスタート地点へと向かいます。
フィニッシュ300m前位で、まだ時間があるので応援をする事にしました。
5kmスタートから約50分 制限時間ギリギリで、伴走された障害者のランナーが帰ってきました。
フィニッシュできないか!!?? 「すみません。もう少し待ってあげてください」と役員に声をかけました。
少し待ってくれましたが、もうハーフの部のスタート時間です。残念フィニッシュできず(>_<)

 しかし、この遅れが・・・ 次のハーフのスタートに悪影響を及ぼすとは思いませんでした。
本当に申し訳ないことをしました。(>_<)

 ハーフのスタート準備が約5分遅れました。
その結果、スタートした時に、まだまだ沢山のランナーが召集所に残っていたのです。
門が狭く、多くの選手が一度に通れないためでした。
「もうスタートしたぞ!急いで」と何度も声掛けしましたが、もう間に合わない。
僕もスタートする事にしました。

 沢山の声援の中を駆け出してゆきます。 今年も仮装ランナーが多く、応援を独り占めにできません(*´Д`)w
僕以上に重そうな被り物をしたランナーもいます。いつもの常連ランナーも走っています。
仮装ランナーが増えてきたのは、とても嬉しい事です。 大会に華やかさが出ますね^^
みんなでより一層大会を盛り上げていきましょう!
 走っているのを見て、面白そう、自分も走ってみたいと思ってもらえれば、もっと最高ですね。
走れば絶対にいい事があります。体が健康になれば、心も健康になる。
被災地だからこそ、なお一層走ってほしいと思っています。

 僕も沢山の声援を受けて、順調にリズムを刻めています。
この分だと、関門通過は特に問題はないでしょう!
たいらさんが折返してきました。「関門・・・!」なんか言っています。
恐らく関門に引っかかるなよと声援を送ってくれているのでしょう^^ ありがとうございます。

 僕も折返しを過ぎて、なんとなく脚が軽くなってきました。いよいよ行くか!
スパート開始です。(*´Д`)wヒヒヒ カッコイイ いいペースで走れたのは、約2km・・・w
腹が痛くなってきたw 脚も回らない。w あと8kmも残っているのにどうすんだとww
後悔先に立たずw まあ15km関門を通過できればいいや。自販機でジュースを買って飲む。
効くー! しかし、炭酸でまともに腹で膨れ上がってしまったようだ。激痛が走るw
激痛でなく、激走したいのにw こうなっては、2時間30分は夢と消えたか・・・
完走だけはしっかりしよう。 応援も後押ししてくれる。今年は、例年以上に応援が多い。
反対車線の歩道から女の子がハイタッチを求めてる。これはいかねば^^
大きく右に寄って、チョコンと小さくハイタッチ。小さい手がかわいい。
お母さんが、わざわざありがとうと言ってくれた。

 ゴールまであと少し、沿道から沢山の応援ありがとう。中には「ごえもん、頑張れ!」や僕の苗字で
応援してくれる人もいた。本当にありがとう!

 いよいよフィニッシュ、制限時間より少し遅れてしまったが完走証を貰いに行く。
?? タイムが入ってない! 2時間30分以内のゴールだけなんて、厳しいな^^;
後日、サイトに大会写真がアップされたのでいってみた。こちらも2時間30分以上のフィニッシュは写してない。
あらら・・・ 来年は頑張ろうw (了)


(追記) 今年は、初めて太鼓の応援団が導入された。毎年、運営の皆さんの努力で、松島マラソンは進化しています。
給水所も多くなり、貞山掘にはライフボートまで待機し、落水者に備えていた。
 進化し続ける松島マラソンに、更に進化してほしいと思っている。それは、フルマラソンにだ!
宮城県内にフルマラソン大会は一つもない。春の仙台国際ハーフ、秋の松島フルとなれば、2枚看板になる。
奥松島まで利用することができれば、距離も確実にとれそうだ。朝9:00スタート、制限時間は、7時間。
ゆったりと松島路を走ってもらおう^^ ゼッケンなどは事前送付だ。そうすれば、いらない受付場所を有効活用できる。
なんて夢でしょうね。

大会写真集 ポイントを合わせるとコメントが表示されます。
松島ハーフマラソンフィニッシュ もーもーちゃん(牛仮装)記念撮影 折返し地点 余裕の笑顔ですね。関門通過は、問題なさそうです。 15km関門 ここも余裕で通過できました。(*´Д`)w 本当かな?w
松島ハーフマラソンステージ すでに選手が並んでいますが、開会式まで1時間以上あります。 太鼓でおもてなし 今大会より、僕が熱望していた太鼓応援団が来てくれました。事務局の皆さんありがとう!来年もお願いします^^
この風景が見えてくると松島を走っているという実感が湧きますね。 もうすぐ関門? バスがお出迎えw 乗りたくないよ^^; 松島ハーフマラソン名物 牡蠣汁!! 今年は無理かと思いましたが、地元の皆さんの熱い思いで実現できたんでしょうね。
5kmの部の競技風景 千葉ちゃんとのハイタッチもしました。 貞山掘には、参加者が落下した場合に備えて、ライフボートが巡回していました。今の大会は、ここまでやらないといけないのだね。大変だわ。運営の皆さんに感謝、感謝です。
???だって、いいもん。時間外とはいえ、なんとかゴールまでたどり着いたぞ!
さきの大会レポートを見てみる 次の大会レポートを見てみる つちのこランニングクラブTOPへ戻る HOMEへ戻る
inserted by FC2 system