第13回 南陽さわやかマラソン
平成24年10月8日(祝・月) 山形県南陽市 南陽市民体育館 気温 10.3℃ 長井 AM 9:00
ゲストランナー:オンディバ・コスマス(箱根駅伝3区区間記録保持者)
東日本実業団駅伝競走大会出場 南陽市役所チーム参戦

大会データ
主催:山形県南陽市
無料巡回シャトルバスあり
大 会 次 第
開会式 8:00 芝生広場(雨天 メインアリーナ)

1. 一同集合 2. 開会宣言 3. あいさつ 4. 招待選手紹介
5. 競技上の注意 6. 選手宣誓 7. 競技開始宣言


閉会式 13:00 芝生広場(雨天 メインアリーナ)

1. 一同集合 2. 表彰 3. 講評 4. 閉会宣言
お楽しみ抽選会
距離 部門&種目区分 スタート 登録者 給水&関門 大会記録
Half 一般男子 9:00 144 制限時間 2時間30分
関門2 給水3?
初開催
一般女子 12 初開催
10km 高校・一般男子 9:10 154   30:36
高校・一般女子 17 34:52
5km 35歳以下男子 10:00 63    15:29
36〜49歳以下男子 25 16:05
50歳以上男子 22 17:24
高校・一般女子 36 17:06
ウォーキング 9:01 41  
3km 中学生男子 9:05 336   9:28
一般男子 30 9:40
中学生女子 9:15 275 10:08
一般女子 18 10:52
1.5km 小学生男子 10:40 324   4:47
小学生女子 253 5:13
ファミリー 10:50 141組 4:55
駅伝 南陽市中学校対抗 11:40 6組  

ごえもん41参戦記

ハーフ一般男子 No.3020 記録 2時間36分37秒

 昨日の松島ハーフで、左足ひざを痛めてしまった。曲げるだけでも痛い。
走るのは無理だろう、でもやれるところまでは頑張りたい。

 そんな思いで参加しました。
スタート前、恒例のトイレイン 少しでも体重を軽くするんだ!!!気合だ!!
必死に出し、ホッとするも時計を見るとスタートギリギリです。
慌ててスタート地点に向かいます。体育館玄関を出たところでピストル音とともに花火も打ちあがりました。
 ヤバッ! とりあえずシューズだけはキチッと履いて、スタート地点に駆け出しました。
「ハーフの部スタートです。みなさん、頑張ってください。」アナウンスも聞こえてきました。

あああ、目の前を選手が駆け抜けていきます。 もう最後尾も通過・・・。
もういい、ここから混ざろう! 僕の場合、ハーフの部ではなくて、21kmの部ですねw
この時は、痛みを忘れていました。ww

 走りながら、牛頭に入れるビーチボールを膨らませました。 セット完了、応援も一層大きくなります。
 気づくと左ひざに痛みが(>_<) それでもなんとか10kmと思っていました。
10km通過1時間3分位。脚の痛みがどんどん拡大し始めた。右足首の痛みも出てきた。それでも心は折れない。
自分でも強くなったなと感じました。15km通過は、1時間42分位。まだ若干の余裕はある!

 18km過ぎて、ペースはがっくり落ちた。 残り500m 無線機で報告する声が聞こえた。「最終ランナー 牛仮装通過しました。」
 アナウンスが会場に響き渡る。「ハーフの部 最終ランナーが戻ってきました。皆さん盛大にお迎えください」その後もアナウンスは続き、
いよいよ最後の直線走路に入った。ここで中学生の大応援を受けて、ガッツポーズでゴール!
 わざわざ駅伝のスタートを遅らせて待っていてくれたようだ。本当にありがとう!とても楽しく走れました。次回もよろしくお願いします。^^

 追記:大会後にハイジアパーク南陽にて温泉に入りました。 脚に違和感があったので見ると、大きな水泡が・・・
昨日の松島でも小さいのができて、水を抜いての参戦でした。

 問題はシューズなのか?無料足型測定後に、結果からお勧めのシューズを店員さんに選んでもらったのですが、
僕にはあってないようです。履き方に問題があるとは思えないし、ちょっと残念な買い物になってしまいましたね。

大会写真集 ポイントを合わせるとコメントが表示されます。
南陽さわやかマラソン ハーフ折返し点記念撮影 もーもーちゃん(牛仮装)で参戦。 南陽さわやかマラソン ハーフコース その1 様々な果樹が植えられています。この日は、りんごを収穫していたのかな? ハーフ 最後尾トリオ 風景w このおじさん、僕、青年の順に長い最後尾集団を形成しています。w
左足親指の水ぶくれ 痛いし、強い違和感がありましたが、ここまでひどいとは思いませんでした。 右足親指に2つの水ぶくれが出来、爪はささくれたようになっている。
最後までブービー争い!白熱しました(^◇^)
さきの大会レポートを見てみる 次の大会レポートを見てみる つちのこランニングクラブTOPへ戻る HOMEへ戻る
inserted by FC2 system