第16回 あづま荒川クロスカントリー
平成25年12月8日(日) 福島県福島市 県営あづま陸上競技場
テレビ放映 テレビユー福島 12月23日(祝) 14:57-15:52

大会データ

主催:県北陸上競技会 テレビユー福島
無料シャトルバス有り 競技場→福島駅西口
大輔杯:中学生男子優勝者に贈られる優勝カップ
大 会 次 第

開会式 9:00
1. 開会 2. 主催者紹介・代表あいさつ 3. 来賓あいさつ
4. 審判長注意 5. 選手宣誓

距離 部門&種目区分 スタート 登録者 給水&関門
12.7km 男子フリー 10:30 546 給水 1箇所
6.3km 一般男子(40歳未満) 11:20 120
一般男子(40-49歳) 68
一般男子(50歳以上) 133
高校男子(中・長距離) 103
女子フリー 11:05 120
高校女子(中・長距離) 57
3.6km 中学生男子 10:20 150
高校男子(短投跳) 76
一般男子 94
女子フリー 10:25 63
高校女子(短投跳) 37
中学生女子 80
2.2km 小学生男子 10:00 59
小学生女子 39

ごえもん41参戦記

男子フリー No.1503 記録 1時間34分32秒

 僕には毎年、一年の締めくくりとして参加している大会がある。あづま荒川クロスカントリーだ。
この大会の特徴は、アップダウンの多さと、水飛沫のかかりそうな堰堤や川に架けられた特設土盛り橋を走るコース設定です。
2周回コースですが、一部コースを変えてアクセントをつけていますので、飽きる事がありません。
かなたに見える雄大な吾妻連峰やコース脇を流れる荒川のせせらぎも大きな魅力でしょう。

 参加者は約1,500名位ですが、出店も多く出ています。
そしてマラソン大会では珍しい、毎年テレビユー福島による1時間特別番組が組まれています。

 今年は、初めてインタビューを受けました。ふなっしーなどのゆるキャラが大活躍している影響もあるかもしれません。
福島県内の放映なので、見ることが出来ないのは残念ですね。

 笑福楽走会のメンバーと楽しくお喋りしていると、もうスタート時間です。
今年は競技場を改修しているので、サブトラックからのスタートとなりました。
天候は曇り、寒さも厳しくなく、とてもいいコンディションだったと思います。
しかし、地面はと言うと、ぬかるんでいるために、スタミナがドンドン奪われていくような感覚にとらわれました。
走っている途中でもインタビューを受けたりしていましたが、辛いやら恥ずかしいやら。
何がって、ビリでハァハァって言いながら走ってる。w

 途中の楽しみは、2つの架設橋。信じられますか?この2つの橋は、大会の為に架けられる橋なんです!!
普段走る事のない場所を走れると言うのは、とても心躍る瞬間です。


 大会は、いつもどおりダントツのビリでゴールしました。
真剣に走って日本一ビリの多い選手に選ばれるかもしれないwww
なんにしても、楽しく走れてよかった。


大会写真集 ポイントを合わせるとコメントが表示されます。
もーもーちゃん(牛仮装) 参加して初めてインタビューを受ける場面の記念撮影 あづま荒川クロスカントリー参加賞他
注意看板が出るほどの急勾配です。緩やかに登って、急に下るのでスピードのある選手ほど危険です。 急勾配の坂、写真で見るとそれほどきつく感じませんが・・・。 こちらは、コース内で一番長い登り坂です。
大会特設橋 もーもーちゃん(牛仮装)記念撮影。 後ろの堰堤の水飛沫が気持ちいいですよ。寒い冬なのに、なぜでしょうね!? 砂利道もよく走ります。あとは、特設土盛り橋を渡って、ゴールへ向かいます。
ここからクロスカントリーが本格的に始まります。 この橋は、大会用特設橋ではありません。当たり前か!w 滑りやすいので、注意が必要です。
タイムは悪くとも、とても楽しく走れるコースなので、大好きな大会です。
さきの大会レポートを見てみる 次の大会レポートを見てみる つちのこランニングクラブTOPへ戻る HOMEへ戻る
inserted by FC2 system