第36回 涌谷クロスカントリー 開催地:宮城県遠田郡涌谷町 天平の湯周辺
2013年3月20日(祝) 気温 6.4℃ 風速 1.0m/s東 午前10時 古川

大会データ
主催:涌谷クロスカントリー大会実行委員会
共催:涌谷町体育協会、涌谷町教育委員会
表彰:1-3位 賞状・メダル 4-6位 賞状
完走証:あり、タイムを確認し、自分で記入する。
無料駐車場:あり
参加賞:タオル
参加料:小中学生700円、高校一般1,000円、ファミリー1,000円
申込先・問合せ先:〒987-0147 宮城県遠田郡涌谷町字下道69-1
 涌谷クロスカントリー大会実行委員会 教育文化課生涯学習班
 電話 0229-43-3001   FAX 0229-43-3536
大 会 次 第
開会式   9:00
1. 選手入場
2. 開会宣言
3. 開会挨拶
4. 名誉会長挨拶     
5. 祝辞
6. 競技上の注意
7. 選手宣誓
8. 選手退場
閉会式   13:00
1. 選手入場
2. 成績発表
3. 表彰
4. 講評
5. 閉会挨拶
6. 閉会宣言
7. 解散
距離 部門&種目区分 スタート 登録者 給水&関門 大会記録
9.2km 高校男子・一般男子 10:35 52 給水 無し
関門 無し
29:55
4.8km 壮年男子 10:45 36 15:49
2.8km 中学校女子 9:45 19 9:49
高校女子・一般女子 9:50 30 10:02
中学校男子 10:10 57 7:56
1.8km ファミリー 10:15 7組
小学校低学年女子 11:35 6 8:36
小学校低学年男子 11:37 16 7:02
小学校中学年女子 11:55 30 6:44
小学校中学年男子 11:57 21 6:31
小学校高学年女子 12:15 37 6:30
小学校高学年男子 12:17 24 6:03

ごえもん41参戦記

9.2km高校男子・一般男子 No.741 記録 47分21秒(5:08/km)

 いよいよサハラマラソンの出発まであと12日に迫った。
準備は、とても万全とは言い難い。体調は不安定、発熱も続いている。
救いは、気力だけは充実しているように感じる事だけだろうか?

 前日の練習は、休んだ。それでなくても最近の練習量は、落とし気味だ。
サウナスーツを着て、18kgのバックパックを背負い、約1時間ほど小走りや早歩きを繰り返す。
本番では、約8時間は歩き続けなければいけない毎日が続くのだから、不安は大きい。

 駐車場からもーもーちゃん(牛仮装)に着替えて、会場に向かう。
大会プログラムを確認すると、9.2kmは10:35スタート。まだまだ時間はたっぷりある。
僕の大会の楽しみは、走るだけでなく、知らない人を応援する事も含まれている。

 応援できそうな部門は、9:45スタートの中学生女子から10:15スタートのファミリーまでの4つ。
応援するこちらにも力が入りそうな競技ばかりだ。

 楽しく応援していると、あっという間にスタート時間だ。
今日の目標は、2つある。 まず一つ目が、5分を切るペースで行けるところまで行くこと。
2つ目が、粘りに粘る事。とても簡単そうに見えるが、僕にはかなりキツイ目標だ。

 スタートは順調、恐らく4分30秒くらいで入れたと思う。
しかし、500m位で失速し始めた。後ろからドンドン追い抜かされていく。
追い抜いていった人の中から、この人はと思う人を選んで着いていく。
この形にすると、僕は一番粘る事ができる。もし離されたり、ペースが変わった時は、別線を探す。

今回は、3名の方をペースメーカーにしてみた。
最初の2名は、同じマラソンクラブのメンバーだ。最初の1名は、一気に千切られた。ww
2人目は、1周目まではなんとか視界の範囲内で走る事ができた。
3人目は、約5.5km地点で抜かしてきた同世代の方。残りの3.7kmは、この人の背中を見ながら走った。
最後は離されてしまったものの、とてもいい走りが出来た。

 タイムは、9.2kmで47分21秒だった。5:08/km、惜しくもキロ5分の壁を切る事はできなかった。
体調不良で粘る事ができたのは、大収穫といっても良いだろう。

 今年の秋の大会では、キロ5分の壁といわず、キロ4分の壁さえも越えてみたい。
最低でも、ハーフ90分、フルサブ3.5は達成して見せるつもりだ。
年齢も42歳になるし、恐らく来年一杯が自己ベストを出せる最後のチャンスだろう。
大会写真集 ポイントを合わせるとコメントが表示されます。
第36回 涌谷クロスカントリー 2013年3月20日 宮城県遠田郡涌谷町開催 もーもーちゃん(牛仮装)参戦記念撮影
涌谷クロスカントリー会場 すぐ隣にわくや天平の湯があります。産直市場もあり、レース後のお楽しみです。 速報掲示板 ここで自分のタイムを確認します。 完走証には、自分で記入します。
笑福楽走会のメンバーが撮影した写真を2枚頂きました。ありがとうございます。
手には、大会プログラムを持って走っています。子供たちの応援の後、走ったため。
安い大会に記録印字はないが、僕は手書きで十分です。
さきの大会レポートを見てみる 次の大会レポートを見てみる つちのこランニングクラブTOPへ戻る HOMEへ戻る
2013.3.21up
inserted by FC2 system