第2回 イーハトーブ花巻ハーフマラソン
平成26年5月6日 岩手県花巻市 日居城野陸上競技場発着
IBC岩手放送 30分特番放送あり
ゲストランナー 那須川瑞穂

大会データ

 主催:花巻市
 ハーフの部の優勝者4名を台北マラソンに派遣
 自動計測、記録証発行
 参加料:一般4,000円 中高生2,000円
 表彰:各部6位まで 副賞は3位まで
 参加賞:Tシャツ
 振舞い:そば、おにぎり、スポーツドリンク
 抽選会あり
 更衣室、手荷物預所あり
 無料駐車場有り
 シャトルバスあり JR花巻駅⇔花巻市総合体育館
距離 部門&種目区分 スタート 登録者 給水&関門
Half 男子(70歳以上) 8:50 18 制限時間 3時間30分
関門 2ヶ所

給水所 7ヶ所
トイレ 4ヶ所
男子(60歳以上) 73
男子(50歳以上) 168
男子(40歳以上) 194
男子(30歳以上) 137
男子(18-30歳未満) 49
女子(60歳以上) 12
女子(50歳以上) 33
女子(40歳以上) 26
女子(30歳以上) 25
女子(18-30歳未満) 9
10km 男子(70歳以上) 9:00 10 給水所 2ヶ所
男子(60歳以上) 45
男子(50歳以上) 58
男子(40歳以上) 64
男子(30歳以上) 60
男子(30歳未満) 37
女子(60歳以上) 7
女子(50歳以上) 17
女子(40歳以上) 26
女子(30歳以上) 32
女子(30歳未満) 17
3km 男子(70歳以上) 男子
9:10

女子
9:15
14
男子(60歳以上) 12
男子(50歳以上) 12
男子(40歳以上) 9
男子(30歳以上) 13
男子(30歳未満) 19
男子(中学生) 13
女子(70歳以上) 3
女子(60歳以上) 5
女子(50歳以上) 11
女子(40歳以上) 11
女子(30歳以上) 13
女子(30歳未満) 15
女子(中学生) 11

ごえもん41参戦記

ハーフ(男子40歳代)の部 No.1435 記録 2時間59分55秒

  エヴァ初号機に、タヌキ、牛と少ないながらも仮装は揃った。
 エヴァに至っては、すべて手作りだという。仮装にかける情熱には、心から敬意を抱いてしまう。
 タヌキさんともお話しさせていただいたが、ちょっと微妙な価値観の人だったので、対応に困ったw

  ゲストとして地元出身の那須川瑞穂選手が招かれていたが、ハーフではなく3kmの部を走るそうだ。

  この大会の大きな特徴は、種目部門の多さでしょう。
 ここまで細分化して表彰するレースは、あまり見かけない。
 参加人数も少ないし、表彰状を貰ってみたい方はチャレンジしてみるのも面白いかもしれない。

  一昨日の梅の里マラソンでは、10kmを裸足で走ってみた。なんとか完走はしたが、足裏がおかしい。
 色々なものが入ってしまったようだw いくら貪欲で、大食いのおいらでも、足の裏で食うほどの器用さはない。
 ほじくりだそうにも、ほじくりだせない。どうしたらいいものか?

  この足で2時間30分はきついと思うが、この大会は3時間30分も制限時間を取っている。
 よし、3時間で戻ってこようと決意した。(`・ω・´)

  スタートすると足が重い、応援に応えながら走っている時だけが至福の時間だ。
 それもスタートしてわずかな距離で終わってしまった。あとは、人気のない道を走る事になる。
 係員の応援だけが、心の支えだ。

  制限時間が長いからと言って、ゆっくり走るランナーが多いわけではなかった。
 いつも通りの一人旅を続け、楽しみは係員の皆さんの応援を受ける事と戻ってきたランナーとのふれあい。
 昔は、トップランナーが応援返しや応援をしてくれる事はなかったが、最近は増えてきたように思う。

  一人のランナーからタスキを渡された。よし!このタスキを最後まで持って走ろう。
 速度が上がる事はなかったが、やる気は俄然上がってきた。
 最後の折返し、わんこそばの振舞いがあった。とても美味しいそばで、そばつゆの塩分を体が欲していたのかもしれない。
 もう一杯食べていきなさいという言葉に素直に従った。24時間テレビで、そばつゆを補給水にしていたランナーがいたが、
 案外正解なのかもしれない。

  TVカメラの撮影をしていたので、少しでもかっこよく走ろうと努力したが、おそらく叶わなかっただろうな。w
 サイトを見てみると、5月24日に30分の特番として放送するそうです。早速岩手放送に要望を出しておきました。
 「県外のランナーも多いので、動画サイトにUPしていただければ幸いです」

  仙台国際ハーフマラソンもそうだけど、県外の参加者が多いイベントは、動画サイトにUPすればいい宣伝にもなると思いますね。

  この大会のもうひとつの特徴は、ボランティアに高校生が多くて、とても元気がいい事でしょうね。
 やはり元気な応援を貰えると、やる気が沸いてくる気がしますね。しかも、甲子園とドラフトを沸かせた花巻東高校の皆さんです。

  その花巻東高校の脇を通過し、いよいよゴールの陸上競技場に入っていきます。他のランナーは、ほとんど残っていなかったw
 笑福楽走会の高橋さんが待っていてくれた。一緒に振舞いのそばを楽しむ。

  帰りは、温泉にでも入っていこうかとも思ったが、高速のICが出てきたので乗ってしまった。
 楽しく走れた一日でした。
  
大会写真集 ポイントを合わせるとコメントが表示されます。
花巻イーハトーブマラソン キュウリを頂く、もーもーちゃん(牛仮装) エヴァ初号機、花巻にて覚醒、暴走モード突入。 かわいいタヌキさんも
もーもーちゃん(牛仮装) 花巻東高校前を疾走する。 花巻イーハトーブマラソンのコース
花巻イーハトーブマラソン もーもーちゃん(牛仮装)スタート前記念撮影 なんとかかんとか折返しまでは来た。もーもーちゃん(牛仮装) 折返しコーンさんと記念撮影
花巻イーハトーブマラソンのエイド、わんこそばや塩飴もある。暑いから、しっかり塩分を摂った方がいい。 レース後には、おにぎりとおそばセットも振舞われた。
もう参加者も少なくなり、後片付けが始まっている中でのゴールでした。
なんかヘロヘロ状態になっていますね。
腰には襷を結えてあります。
写真を貼って、自分なりの完走証にしてみました。感じがいいね。
ランネットからも写真付きの完走証をダウンロードできます。
振舞いとして、そば、おにぎりがありました。ありがとうございます。
さきの大会レポートを見てみる 次の大会レポートを見てみる つちのこランニングクラブTOPへ戻る HOMEへ戻る
inserted by FC2 system