第32回 金ヶ崎マラソン

平成26年6月1日(日)開催 岩手県胆沢郡金ヶ崎町 森山総合公園周辺
招待選手:田井慎一郎、正井裕子、佐々木香穂、橋本奈海

大会データ

主催:金ヶ崎町
参加料:一般 2,500円など
貴重品預所あり
振舞い:ご飯・豚汁
売店あり
無料駐車場あり シャトルバス随時運行
アトラクション、お楽しみ抽選会あり
表彰:1−6位 特別賞多数
大 会 次 第

 開会式 9:00
1. 開会宣言 2. 国旗等掲揚 3. 主催者あいさつ 4. 歓迎のことば
5. 審判長注意 6. 選手宣誓 7. 閉式

 アトラクション

 閉会式
1. お礼のことば 2. お楽しみ抽選会 3. 国旗等降納 4. 閉会宣言

距離 部門&種目区分 スタート 登録者 給水&関門 前回記録
Half  一般男子 18-39歳 10:30 119 関門1
制限時間
2時間20分
1:12:18
 一般男子 40歳以上 274
 一般女子 18歳以上 57 1:32:18
10km  16-29歳男子 10:40 105 29:40
 30歳代男子 97 32:27
 40歳代男子 114 33:20
 50歳代男子 97 34:29
 60歳代男子 106 37:21
 70歳以上男子 43 46:49
 16-39歳女子 33 41:37
 40歳代女子 25 43:11
 50歳以上女子 34 46:05
5km  中学生男子 10:55 21 17:23
 18-39歳男子 72 16:34
 40-59歳男子 58 16:53
 60歳以上男子 63 19:48
 16-39歳女子 49 19:11
 40歳代女子 23 21:51
 50歳以上女子 29 22:18
3km  家族ペア 9:45 178組 10:51
 小学生男子 84 11:10
 50歳以上男子 37 10:30
 小学生女子 60 11:38
 中学生女子 14 10:55
 40歳以上女子 23 12:10

ごえもん41参戦記

No.412 記録 制限時間外完走

 高速道路を走っていると、温度が表示されていた。8時ちょっと前の段階で、すでに24℃を表示していた。
これは、かなり厳しいレースになりそうだと覚悟した。

 駐車場に着くと、シャトルバス乗り場は大行列だった。ヤバー、かなり待たされそうだなと思っていた。
もーもーちゃん(牛仮装)に着替え、シャトルバス乗り場に向かうと、綺麗に大行列が消えていた。
凄い輸送力!びっくりした。 と、急激にトイレに行きたくなったので、警備室にトイレを借りに行った。
気持ちよく貸して貰えた。とても綺麗に使ってあるトイレだったので、スッキリする事ができた。

 ハーフのスタート前には、3qの部が行われる。これは、応援を楽しんでおきたい。
仮装する楽しみは、走る楽しみと応援する楽しみの2つがあると思う。どちらもうきうきした気分になれる。

 ゴール前1km位の場所に陣取って応援する事にした。小さい子供から70歳を過ぎたおじいちゃんまで、真剣に走っている。
こちらも声を枯らしての応援だ! 「頑張れ」「ファイト」「ナイスペース」「ナイススパート」「かっこいい」など、その人の特徴に合わせて
なるべく似合いそうな声援を送る事にしていた。

 嬉しいのは、一気に生き返ったようになる子供w これは、見ていて楽しい。おおお!伴走のおとうさん、おかあさんを置き去りにしていくwww
今回は、泣きながら走っていた子供もいたが、応援しても泣きやんでくれず、ちょっと残念な思いも。

 非常に感心したのは、最後尾の子供だった。泣くわけでも、怒るわけでも、照れ笑いするわけでもない。
ただ淡々と、粛々と歩を刻んでいた。応援しても、その姿勢は全くぶれることなく、悟りを開いた高僧のようだった。

 次は僕の番だ。ハーフのスタートラインに向かう。今回も大勢のランナーが参加していた。
10:30にスタート、この時点で気温はかなり高くなっていた。
スタート後、8qまでのペースは、キロ6分位で順調に走れていた。
途中、正井選手から「暑くないのですか?」と聞かれたので、「暑いけど、走っていて楽しいですから」と答えた。
息を切らせる事もなく、すぅーと駆けていく正井選手を見送りながら、さすがだなと思った。
残念なのは、Qちゃんや千葉ちゃんのように、周りの選手を盛り上げ走りが出来ない事でしょうね。
こちらも悟りを開いた高僧のように、淡々と駆けていくのみ。

 僕はと言えば、9q過ぎから心臓がバクバクし始めた。ヤバー、ペースを急激に落として、落ち着かせることにした。
動悸は元に戻ったが、スピードは戻らず・・・ 折返しの関門はあったが、前半の貯金で通過できた。
しかし、2時間20分でゴールが閉鎖されるので、このペースで行くと間違いなくアウト。

 さらに気温が高くなり、31℃を記録したようだ。僕にとって、給水所の冷たい水だけが救いの神だ。
暑い沿道には、熱い応援はないw 応援していたら、そっちも命がけだなw
19q過ぎ、監察車から「ゴールを閉鎖されましたので、競技を中止してください」と言われた。

 あらら、チャレンジ磐梯吾妻でも2q手前で言われた。
選手収容車が回ってきたけど、歩いていきますからと断った。
トボトボと走りながら、ゴールを目指す。たった一人のゴールw 時間外完走でも最後までやり遂げる癖だけは付けたいものだ。

 次回の健闘を誓って、競技場を後にした。

大会写真集 ポイントを合わせるとコメントが表示されます。
金ヶ崎マラソン ハーフの部 もーもーちゃん(牛仮装)フィニッシュ
金ヶ崎マラソン ハーフの部 折返し地点で、すでに目が逝ってます。もーもーちゃん(牛仮装)記念撮影 氷を頬張る もーもーちゃん(牛仮装)  とても嬉しかったですね。
金ヶ崎マラソン ハーフの部スタート前 もーもーちゃん(牛仮装)記念撮影 豚汁とご飯をレース後に頂けます。ウマー
さきの大会レポートを見てみる 次の大会レポートを見てみる つちのこランニングクラブTOPへ戻る HOMEへ戻る
inserted by FC2 system